松浦唐津 今岳窯


唐津焼の窯元 今岳窯 (いまだけがま) 親子3人伊万里の土にこだわり、
古唐津のもつ、ざんぐりした土味
やわらかさと温もりを感じる そんな風情の唐津焼を作陶しています。

本文へジャンプ
プロフィール

親子で三人で作陶しています    写真をクリックしていただくと 作品集に移動します。

イメージ イメージ イメージ

溝上 藻風
  Mizokami Sofu

昭和14年 長崎県佐世保市江永町に生    まれ
昭和33年 佐賀県立有田工業高校窯業    科卒
昭和41年 井上萬二先生に師事
     伊万里市大坪町今岳窯開窯
昭和42年 中里太郎右衛門先生に師事
昭和45年 日展初入選以後14回入選
昭和48年 九州山ロ陶磁展一位、二位       3回、三位4回
昭和59年 第70回光風会奨励賞受賞
昭和62年 日本橋三越本店にて初個展
平成8年 佐賀県芸術文化功労賞受賞 

  日展会友(第四科)
  佐賀県美術協会会員
  佐賀県陶芸協会会員
  伊万里陶芸協会会長

外遊歴
 ・韓国古窯調査に参加
 ・東南アジア叩き技法研修
   (タイ、インドネシア、フィリピン、台湾等)
 ・ギリシヤ文化の研修
   (ルーブル、ギメ、大英博物館、
 ギリシャ国内の博物館)
 ・中国陶磁の研修
   (天山南路、西安、上海博物館)
 ・北アメリカインディアン陶磁の研修

溝上 良博 Mizokami Yoshihiro

昭和40年 藻風の長男として生まれる      
昭和59年 
宇治炭山、走泥社同人 河島浩三氏のもとで陶技を学ぶ。
昭和62年 京都府陶工職業訓練校図案科
平成 3年 京都市工業試験場本科・研究科 卒業

平成 3年 父・藻風のもとへ戻り作陶を始      める
平成 9年 佐賀美術協会展佳作
平成10年 西日本陶芸展奨励賞佐賀県      知事賞
     佐賀美術協会展佐賀県議会議      長賞 
平成12年 日本伝統工芸展入選
平成14年 九州電力国内外派遣事業に       参加しアメリカにて素地と釉薬       の研修
平成17年 一水会展 佳作賞

平成20年 九州山口陶磁展 入選
平成21年 西部工芸 展 入選
平成21年 九州山口陶磁展 入選
成23年 JICA草の根プロジェクト ベトナムにて窯業支援に参加

   西日本陶芸展  佐賀美術協会
   九州山口陶磁展 日本伝統工芸展
   県展  日本陶芸財団展 
    一水会展
               等出品

    佐賀美術協会会員
    日本工芸会西部支部準会員
    陶美展会員
    昭和女子大学 客員研究員
    古唐津研究交流会会員

溝上 雅人
 Mizokami Masato

昭和43年  伊万里市に生まれる
昭和62年 佐賀県立有田工業高等学校 窯業科 卒業
平成 2年 佐賀県立有田窯業大学校
    陶磁器製造コース  卒業
   京都市山科区 森里陶楽氏に師事
平成 6年 伊万里に戻り 今岳窯にて作陶を    始める
平成10年 第37回  日本現代工芸展美術展      初入選
第30回 日展 初入選
平成11年 第82回 佐賀美術協会展 美協賞
平成14年 第34回 日展 入選


日本現代工芸美術家協会 会員

窯を構えて以来、力を入れているのが土づくり。自分なりの個性が出た土を作り出すために、1,000種類以上に及ぶ土や釉薬のサンプルをパソコンでデータ化し、土づくりに取り組んでいます。代表的な作品は白とオレンジ、黒の窯変が現れた「朝焼け」、黒と薄茶色の窯変が現れた「夕焼けシリーズ」。多彩な釉薬や窯変による発色には驚かされるとともに、土の持つ独特のぬくもりが伝わってきます。近年では 藤色をした当麻釉の作品にも力を注いでいます。


  トップページへ